ノエル銀座クリニックはフランスに関するものが多い

###Site Name###


フランスは美容の国とも言われています。
美容に関する学問が発達しているのか、
美容に特化した企業が多いのかは分かりませんが、
フランス=オシャレという認識を
私たち日本人は持っているかもしれませんね。
ノエル銀座クリニックをはじめとする美容皮膚科・美容外科でも、
フランス語を至る所で見かけると思います。

例えば、ノエル銀座クリニックは
オートクチュールというよく言葉を使っています。
パリ・クチュール組合加盟店が作った
オーダーメイドの高級服を意味しますが、
ノエル銀座クリニックでは
オーダーメイドという意味で使っている感じです。
探せば他にも、
フランス語が由来の外来語はいくつか見つかると思います。
英語を使って説明するよりも、
特徴あるフランス語を使った方が、
オシャレ感は増すのかもしれませんね。
ちなみに、ノエルはフランス語で
「季節」や「歌」を意味します。
ノエル銀座クリニックがなぜ
このクリニック名にしたかは分かりませんが、
もしかしたらそうした意味が
込められているのかもしれませんね。

美容機械に関しては、
フランスに限らず色々な国で開発されています。
ノエル銀座クリニックで使用しているレーザー機械、
メドライトC6はアメリカ製になります。
また、医療分野はドイツが最先端と言われており、
美容機械も同様にドイツ製のものが多いと思います。
こうした医療美容機械は、
国産よりも外国産の方が安心できますよね。
特に美容に力を入れている国で開発されたものなら尚更です。
豊胸術として利用するアクアリフト(親水性ジェル)も、
フランスとアメリカで製造されており、
共にヨーロッパでCEマークの認可を受けています。

ノエル銀座クリニックは色々な美容医療機械を導入しています。
エレクトロポーション用のケアシス、
しわタルミ解消を目的としたサーマクールCPT、
透明な肌を目指すオーロラなど、
様々なものを取り揃えています。
色々な機械があって、
辞書がないと何を言っているか分からない程ですが、
気になることがあったら
ノエル銀座クリニックに気軽に訊いてみてください。
しっかりと納得できるように説明してくれますよ。